« ・・真昼の月・・ | トップページ | Windows VISTAはビジネス向きか? »

平成18年度行政書士試験結果発表

財団法人行政書士試験センターから、平成18年度行政書士試験の結果発表がありました。
受験者数70,713人に対して、合格者数が3,385人、合格率4.79%という結果となりました。昨年の合格率が2.62%だったので、合格率から見れば昨年よりも易しかったということになります。

ただ、今年は試験制度改革元年ということで、一概には易しくなったとは言えないかも知れませんが、試験問題の内容・範囲が変化したことによって合格しやすくなったと言えると思います。旧形式ではやたらに範囲が広く全体的に難易度のばらつきが少なかったので、できる人は出来て、できない人は全くボーダーにも届かないという状態でした。しかし、新形式では問題によって難易度の差が大きく適度にばらついているので、満点は取れないにしてもボーダー近くまでは得点を積み上げることが出来るのではないかと思います。

最低限正解しなけれならない問題は確実に得点し、少々難しい問題群のうち約半分を正解していけば、足切りを気にすることなく合格ラインを楽に越えられます。自分の得意な分野を重点的に学習し、適正レベルの問題だったら100%正解できるというような学習をしていきましょう。残念ながら不合格だった方は、平成19年度試験に再チャレンジですね。頑張ってください。

|

« ・・真昼の月・・ | トップページ | Windows VISTAはビジネス向きか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162271/13709164

この記事へのトラックバック一覧です: 平成18年度行政書士試験結果発表:

« ・・真昼の月・・ | トップページ | Windows VISTAはビジネス向きか? »